メラニン色素はデリケートゾーンの黒ずみにどのくらい影響する?

メラニン色素はデリケートゾーンの黒ずみにどのくらい影響する?

「デリケートゾーンの黒ずみの原因は何?」「メラニン色素はどのくらいで治るの?」そんな疑問をお持ちの方はいませんか?
どうしてデリケートゾーンの黒ずみが起こってしまうのか?実はメラニン色素が原因です。
メラニン色素とデリケートゾーンの黒ずみの関係や治す方法について詳しくまとめてみました。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す方法はない?市販のクリームおすすめランキング

メラニン色素はどのくらいデリケートゾーンの黒ずみ原因になっている?

デリケートゾーンの黒ずみってどうして起こるの?とお考えの方も多いですが、原因はズバリ「メラニン色素」です。
デリケートゾーンは、人の体で最も重要な部分なので体を守るためにメラニン色素が増えて黒ずみます。
いつも外気に触れている手足や顔は紫外線の影響でメラニン色素が増えますが、次のような原因で、デリケートゾーンの黒ずみがどのくらい濃くなるか決まります。

  • デリケートゾーンが乾燥肌
  • デリケートゾーンへの刺激
  • 下着の締め付け
  • 肌の色が元々濃い
  • 不規則な睡眠
  • ターンオーバーがうまくいっていない
  • 血流が悪い

このような原因があるとメラニン色素が増えてデリケートゾーンの黒ずみが濃くなりがちです。
どのくらいデリケートゾーンの黒ずみが濃くなるかはメラニン色素が増えるかどうかです。

メラニン色素がどのくらいデリケートゾーンの黒ずみに影響する?

メラニン色素は体を守るための色素ですがどのくらいデリケートゾーンの黒ずみに影響するのでしょうか?
デリケートゾーンの黒ずみも人によって濃さが全く違います。
デリケートゾーンの黒ずみがほとんどないという人もいますし、逆にデリケートゾーンの黒ずみが濃くて黒に近い色の人もいるのです。
メラニン色素が活発に出ている状態だとターンオーバーができずにデリケートゾーンの黒ずみとなります。
特にIラインはメラニン色素が活発に出る場所なので影響を受けやすいです。
どのくらいデリケートゾーンの黒ずみ影響するかは、その人の生活スタイルや乾燥肌かどうかによって異なります。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法はどのくらいある?

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は、メラニン色素ケアをすれば良いのですが、治す方法はどのくらいあるのでしょうか?
次のような方法だとデリケートゾーンの黒ずみ原因であるメラニン色素を治すことが可能です。

  • 美容皮膚科のレーザー治療
  • 美容皮膚科の薬物治療
  • 市販のデリケートゾーンの黒ずみクリーム

デリケートゾーンの黒ずみ原因であるメラニン色素を増やさないように気を付けるだけでは、なかなかデリケートゾーンの黒ずみを治すことはできません。
デリケートゾーンの黒ずみを治すならば医療機関やデリケートゾーンの黒ずみクリームなどで美白することが必要になります。
メラニン色素を薄くして治す方法がどのくらいあるかというと、デリケートゾーンの黒ずみに関してはそれ程多くありません。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治る?

デリケートゾーンの黒ずみ原因であるメラニン色素を減らして、美白するにはレーザー治療や薬物治療、デリケートゾーンの黒ずみクリームなどで美白が良いですが、どのくらいで治るのでしょうか?
デリケートゾーンの黒ずみには個人差があり、メラニン色素の分泌も人によって違いますし、どのようなケア方法かでも異なります。
例えば、デリケートゾーンの黒ずみ原因であるメラニン色素を薄くするレーザー治療でさえ、個人差があるので人によって治るまでの期間がどのくらいか違います。
デリケートゾーンの黒ずみの濃さによって5回から6回のレーザー治療でかなり改善する人もいれば、10回以上レーザー治療をする必要がある方もいるでしょう。
どのくらいの期間かは、数か月から半年、1年くらいになります。
市販のデリケートゾーンの黒ずみクリームだと最低でも3か月以上、1年から2年という方もいるでしょう。
メラニン色素は、分泌もターンオーバーも個人差が大きいのでどのくらいでデリケートゾーンの黒ずみが治るかは差が大きいです。
まずは、メラニン色素を減らすためにもデリケートゾーンの黒ずみケアを行って治す努力をしましょう。

おすすめの記事